七五三の由来

三歳、五歳、七歳と成長の節目に近くの氏神様に参拝し、子どもが無事成長したことを感謝し、将来の幸福と長寿をお祈りするのが七五三の行事とされています。もともとは宮中や公家の行事でしたが一般的に広く行われるようになりました。

七五三の行事は

髪置き(三歳の男女):乳児の髪を一旦剃ると次に黒々とした丈夫な髪が生えるといわれ、そののち伸ばしたおかっぱ頭をいよいよ結い揃え、男女に姿を分ける儀式。
袴着(はかまぎ)(五歳男子):初めて袴をはき正装して、碁盤の上に立って東西南北に向かってお辞儀をしたり、碁盤から飛び降りたりする儀式
帯解き(七歳女子):それまでの幼児用の紐のついた着物から、大人用の着物に着替え初めて帯を結ぶ儀式

の三つの儀式に分かれていましたが、明治時代頃に統合されて現代のような七五三の形になったと言われています。